山形-山形駅周辺「旅籠町立呑処」老舗漬物屋の酒場で100円地酒&漬物食べ放題を楽しむ

訳あって毎年訪れている山形県。いつもは東根市のみなのですが、今回はちょっと足を伸ばして山形駅周辺で飲み歩き。駅周辺からは少し離れるのですが、訪れたのは長らく宿題店であったこちらの酒場です。

漬物屋の立ち飲み「旅籠町立呑処」

「旅籠町立呑処(はたごまちたちのみどころ)」は、明治18年創業の老舗漬物屋である「丸八やたら漬」の隣にある立ち飲み酒場です。やたら漬をはじめとした漬物食べ放題300円や地酒の100円酒販機など、わくわくするお店です。

アクセスは「山形駅」から徒歩15分程。

「旅籠町立呑処」のお隣には、メインの「丸八やたら漬」の店舗とお食事処があります。

入るなりすぐに登場するのは漬物BAR。15種類ほどの漬物がズラリならんでいます。

実はこちら、やたら漬けなどをはじめとした漬物が楽しめる、漬物BAR(漬物食べ放題)=300円がお通し代わりなんです。まずはカウンターで300円をお支払い。

地酒の酒販機はわずか100円。銘柄は秀鳳からくち、寿虎屋から口、男山からい酒、出羽桜 誠醸辛口と、4種の山形の地酒が用意されており、100円を入れてボタンを押すと出てきます。


(出羽桜100円/お通しの漬物BAR300円)

まずは、酒販機で「出羽桜誠醸辛口100円」「漬物BAR300円」ではこんな感じで。

出羽桜は、ほんのりと甘みがあり飲みやすい。

漬物はどれも美味しいけれど、高菜と昆布の出汁がきいてるピリ辛ものが印象に残りました。美味しい漬物で地酒がスイスイと…。


(秀鳳からくち100円)

あっという間に出羽桜が空っぽという訳で、100円チャリンで次の地酒をポチっと。2杯目に選んだのは「秀鳳からくち100円」。後味がキリッと辛口、これ結構好きかもです。


(漬物おかわり)

なんせ漬物食べ放題なので、どんどんおかわりします。ああ、お米も食べたくなってきますね。


(生ビール350円)

ちょっと冷たいものも恋しいという訳で、お次は「生ビール350円」をカウンターで注文。冷たくて泡がクリーミー!


(角煮300円)

大皿料理が美味しそうで、生ビールと合わせて注文したのは「角煮300円」です。やわらかでほろほろ!しっかりと甘辛タレが染みていて美味しいです。ビールもすすみますね。

旅籠町立呑処のメニュー

メニューはこんな感じ。こちらは、注文カウンターで注文支払いをするシステムです。

アルコールは、生ビールキリン一番搾り350円、ホッピー外200円・中200円、缶チューハイ・缶角ハイ300円、地酒一合300円~、などがあります。

お料理は牛すじ煮込み400円のほか、駄菓子100円~、缶詰200円~などがあります。

大皿料理はほとんどが300円みたいです。美味しそう!

落ち着いて飲める店内

明るい店内は、昭和情緒を再現した温かみのある雰囲気。

立ち飲みと言えど椅子が置かれ、基本座って飲むことができます。カウンター席とテーブル席があり、席数は30席ほどでしょうか。

女性店員さんがいらっしゃったり、キレイなので、一人でも立ち寄りやすそうな雰囲気ですね。伺ったタイミングは、静かで落ち着いた空間が広がっていました。

落ち着いた空間の中、わくわくと愉しい時間が過ごせました。漬物や地酒を、ちょっとずついろんな種類を楽しめるのが嬉しいですね。

山形駅からは少々離れていてアクセスはしづらいですが…漬物や酒販機好きな方にぜひおすすめしたいです。

また絶対立ち寄りたいです。ごちそうさまでした。

満足度:★★★★★

旅籠町立呑処の基本情報

タバコ:喫煙
アルコール:あり
チャージ/席料/お通し:お通しは漬物食べ放題300円

公式サイト:やたら漬

アクセス:「山形駅」徒歩15分程
住所:山形県山形市旅篭町2-1-5
営業時間:17時~23時(LO.22時半)
定休日:日曜日
駐車場:あり

※投稿内容は投稿者が来店時(初回投稿時)に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする