群馬-桐生「麺処酒処ふる川 暮六つ 相生店」人気店で桐生名物ひもかわうどんを食す

一泊二日で、東京から群馬の伊香保温泉へ車旅。

途中でお昼ごはんでもと立ち寄ったのは、群馬県桐生市。桐生市といえば…やっぱり名物の「ひもかわうどん」をいただかなくてはと、メディアでもおなじみの「麺処酒処ふる川 暮六つ 相生店」へ。

「麺処酒処ふる川 暮六つ 相生店」

「麺処酒処ふる川 暮六つ 相生店」は、メディアなどでもおなじみの幅広の「ひもかわうどん」が楽しめる、めん処。麺類をはじめ、アルコールも楽しめるお店です。

ちなみに「ひもかわうどん」とは、群馬県桐生市の郷土料理。ご存知、幅広麺のうどんです。群馬県は小麦の名産地というところから、やっぱり粉モノが名物になっていますね。

場所は群馬県桐生市。最寄り駅は相老駅より徒歩6分程です。

12時に訪れると少しの列。名前を書いて待つこと20分少々…流石の人気店ですね。


(生ビール490円/お通し200円)

待ちくたびれてすっかり喉が渇いたので「生ビール490円」をもらいます。アルコールを頼むと「お通し200円(マカロニサラダ)」でがでてきました。ああ、冷たくて旨い~昼から飲むビールは美味いなぁ。


(かもつけ汁ひもかわうどん990円)

何にしようか迷った挙句、「かもつけ汁ひもかわうどん990円」を選びました。

幅広で薄~~~い!まるでいったんもめんのよう。そして、持ち上げると結構重い。

実際には何センチあるんだろう。20cm以上はありそう。

つけ汁は温かく、鴨肉の脂の甘さと出汁がきいています。ひもかわうどんは…つるつるで舌触りがよくモチモチしていて面白い食感。ただ、汁が飛び散るし、幅広なので食べずらっ!!!うどんを半分に切って食べたりしました(意味なし…笑)。

麺処酒処ふる川 暮六つ 相生店メニュー

メニューはこんな感じです。

麺はひもかわ・うどん・そばの3種から選べるようです。名物のひもかわは660円~ですね。

丼ぶりもあるみたいですね。

アルコールもあって、昼から飲むことができます(アルコール注文の場合には、お通しが付きます)。生ビール中(プレモル)490円、酎ハイ類400円~、生酒650円など。

また、ちょっとしたおつまみは260円。

店内はテーブル席と座敷

店内にはテーブル席と座敷があり、50名ほど利用できる広さ。

座敷タイプだったので、足がしびれたよん。また、隣のお客さんとの距離が結構近いです。とはいえ、一杯飲んでくつろげましたとさ。

お会計は、一杯ずつ飲んで(お通し付き)、ひもかわうどんをそれぞれ食べて、一人あたり1700円ほど

ずっと気になっていたひもかわうどんがいただけて嬉しかったです。つるつるで食感が楽しいですね。また、昼から一杯飲めたのも嬉しいポイントでした。

人気店なのでピークタイムの場合、並ぶことになりそうですね。

こちらのお店もよかったのですが、次回は違う他店のひもかわうどんにもチャレンジしてみたいです。ごちそうさまでした!

満足度:★★★☆☆

麺処酒処ふる川 暮六つ 相生店の基本情報

タバコ:分煙
アルコール:あり
チャージ/席料/お通し:アルコール注文でお通し200円

アクセス:「相老駅」徒歩6分程
公式サイト:麺処酒処ふる川

※投稿内容は投稿者が来店時(初回投稿時)に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする