福島-会津若松「皆川食肉店」肉屋の鉄板焼き酒場でホルモン焼きを楽しむ

お墓参りで福島県の会津を訪れました。会津若松で一杯飲みたいと立ち寄ったのは、父が子どもの頃から営業されていたという「皆川食肉店」さんです。

姉妹サイトのこちらの記事もどうぞ。

肉屋の酒場「皆川食肉店」

「皆川食肉店」はこの地で創業から50年以上続く、老舗の食肉店です。

裏手に回ると飲食スペースが併設されており、昼は担々麺・夜は鉄板焼き酒場に変化する、味わい深く魅惑的なお店。

裏手に回ると、暖簾がかかる入り口があります。


(ホッピー400円/カシラ400円)

まずは、大好きな「ホッピー400円」「カシラ焼き400円」を注文しました。上記は出来上がった写真。

ホッピーを早速ゴクゴクと!こちらのホッピーは白のみで、混ざった仕上がりタイプ。スッキリ美味しいけれど、アルコールはやや薄め。


(カシラ400円)

カシラは最初こんな感じで出てきます。400円でこのボリューム!!!こちらの鉄板焼き類は、店員さんに手伝ってもらいながら、自分で焼きます。

目の前の鉄板に火をつけてもらい、まずはラードを溶かす。

お肉だけを炒めて。

野菜をのせてタレをかけてしばらく放置。美味しい香りが立ち上がります。

野菜がしんなりしたら完成。辛いものが食べられる方は、ニンニクの辛子味噌を入れてもらっても◎。

カシラはやわらか~~い!そして肉汁がしたたる。野菜はシャキシャキ。そこに、醤油タレが絡み美味しいね。


(玉子やき400円)

自慢の「玉子やき400円」は、女将さんがテキパキと目の前で作ってくれました。玉子焼き自体は、細かく刻まれた野菜やハムと半熟で甘い味付けの玉子が絡み合い、ふわっと美味しいです。

そして、こちらにソースとマヨネーズですよ。お好み焼きのような味わいで、お酒もすすむ。


(バッタ割り500円)

「バッタ割り500円」はいわゆる青汁割り。甘味があり飲みやすいです。


(ジンギスカン500円)

「ジンギスカン500円」は、辛子味噌を混ぜてもらいました。。お肉に脂がのっているので、ふわっと香るにんにくとピリ辛感が最高!お酒がすすみます。


(黒400円 ※レバー)

「黒=レバー400円」は、新鮮で歯切れがよく臭みもなし。美味しかったです。

皆川食肉店のメニュー

メニューはこの様な感じです。

鉄板焼きは、ほとんどが400円。白・黒・赤は、白が豚ホルモン、黒がレバー、赤がハツだそうです。ちなみに鉄板焼きで人気なのは白400円だそうです。

アルコールは、生ビール&瓶ビール550円、チューハイ400円、ホッピー400円、バッタ割り500円、お酒(名倉山)350円などです。

冷奴250円や子袋400円なども。

コの字カウンターの味わい深い店内

店内は、シルバーのコの字カウンターが広がり、味のある雰囲気。10名ほど利用できそうな広さです。

ご家族で営まれておりアットホームな空間。次第にご近所の常連さんたちが訪れ、和気あいあいとした時間が流れていました。。

この日の客層は、地元の常連さんがほとんどでしたが、中には筆者の様に遠方からのお客さんも見られました。

お会計は、お酒2~3杯ずつ、鉄板焼き4品を3名でシェアして、一人あたり1500円足らずでした。

帰りはお店の方がタクシーを呼んでくれました。

小さなお店なので、一人か少数グループでの訪問がおすすめです。ちなみに担々麺は、昼に連絡をすれば夜にも頂けるそうです。

少々アクセスはし辛いですが、大衆酒場×ホルモン好きな方にぜひともおすすめしたい酒場です。

また両親と立ち寄りたいです。ごちそうさまでした。

満足度:★★★★☆

皆川食肉店の基本情報

アルコール:あり
チャージ・席料・お通し:なし
予算:1000~2000円

アクセス①:「西若松駅」徒歩15分程
アクセス②:「会津若松駅徒歩」30分強
アクセス③:バス「一の丁白山軒前」徒歩3分程

タクシー移動の場合、会津若松駅付近にある、あいづタクシーが便利。

※投稿内容は投稿者が来店時(初回投稿時)に知った情報やその時の主観です。メニュー内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする